FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰毛表現について

2014-10-08

 駄文その7です。
 今回の更新(十三話)でようやく姫乃と桃香の決着が着きました。勝敗が逆の方がエロシチュエーション的には美味しかったのでは? とも思いましたが、あまりワンパターンな展開にはしたくなかったのと、やはりメインディッシュは最後だろうと考え、このような形に。ただ、今回の決着で実現できなくなったエロシチュエーションは、後々の展開で幾つかサルベージする予定です。やっぱりエロ作品はエロがメインですからね。ストーリーの都合でエロが犠牲になるのは極力避けたいところです。勝ち負けが今回と逆になるシチュエーションは、いずれ何としても書きたいと思っております。

 なお前回の駄文で『ストレート負け』はヒロインが弱く見えてしまう……と書きましたが、あれは前振りの短い普通のエロ作品の場合です。男子女子戦争のように、いくらでも長い前振りが書ける作品であれば、『ストレート負け』でもヒロインを強く見せたまま負けさせる事は可能でしょう。互いの戦略を読み合い、死力を尽くした総力戦の末に、紙一重の差で負けてしまった雰囲気を出したかったのですが……まぁ想定していた感じにはなったかなと。分類すれば、『ストレート負け』と『裏切り』の複合タイプですね。しかも『裏切り』にも一捻り加えて、極力負けた方が弱く見えないようにしてみました。逆に言うと勝った方が強く見えないとも言えますけど、その辺は次回、完全に止めを刺す過程でフォローする予定です。

 それと十三話の冒頭で、みどりが切り崩し工作を受けた時の事をちらりと語っていますが、当初の予定ではその話もちゃんと一話使って書くつもりでした。女の子同士のエッチにちょっと興味のあったみどりが、協力の見返りとして、耶美にレズの相手を強要する……みたいな感じで。姫乃のために、好きでもないみどりとエッチまでする耶美の健気さに、「どうしてそこまで姫乃を信奉しているのか?」と興味を抱く展開ですね。
 しかし耶美が桃香の奴隷になるという展開を盛り込んだため、あえなくボツに。祢々子が切り崩される話はちゃんと書いたのにねぇ。耶美の真意をぼかすため……というのも理由ですが、一番の原因は、作者が「ナイスバディ小学生にあまり興味ない」ためであります。
 陰毛が濃いのは大好物なのに、私は巨乳小学生にはあまり関心が無いのですよ。子供だろうと大人だろうと、「おっぱいは揺れないくらいがちょうどいい」が信条。よってみどりは、五人のヒロインの中では一番冷遇されているのです。
 そもそも祢々子とみどりは当初からサブヒロイン扱いではありました。それでも祢々子が『腹黒ロリ』という作者好みの性格……しかもボーイズラブ好きという設定の追加で、男子のエロを書く際に重宝するキャラになったのに対し、みどりは完全にサブ扱いです。ストーリー的には、最初のレイプ被害者という重要な位置づけではあるのですが……。なにせメインヒロインの一人である耶美が剛毛キャラの属性を持っていってしまったので、「同じ剛毛なら胸の小さい耶美の方がいいよなぁ」となってしまうのは必然と言えましょう。

 そんなわけで今回はエロ作品における陰毛描写について、思うところを述べてみたいと思います。
 基本的にどうも、日本では「女の子の陰毛は汚らしくて嫌だ」という風潮が根強いらしく、エロ作品において陰毛は冷遇される傾向にあります。若い人には想像つかないと思いますけど、昔はヘアーが御法度で、ヌードグラビアでも性器のみならずヘアーまでもが修正されていたのですよ。なのでヘアーがなし崩し的に解禁された後は、『ヘアヌード写真集』などと言ってヘアー無修正が重宝がられたものです。しかし今やパイパンが有難がられる世相なのですね。時代も変わりました。

 陰毛描写が特に冷遇されているのが、エロ漫画の世界ではないでしょうか。作者にもよりますけど、女子高生ヒロインやそれ以上の年齢の大人ですら、股間がツルツルのパイパンである事が珍しくありません。しかも男の方には陰毛が生えていたりして、劇中でもパイパンである事に触れられる例は少ないです。つまりこれは無毛のパイパンなどではなく、『見えない陰毛が生えている』という訳のわからない状態。インビジブル・ヘアーなのですよ。剛毛好きにとってこれ程の屈辱はありません。
 また、きちんと陰毛が描写されている場合、かなりの高確率で剃毛プレイが行われ、折角の陰毛が剃り落されるというパターンも多々ありました。剃毛が効果的な辱めである事はよく分かります。がしかし、やはり剛毛好きとしては「なんてもったいない事を!」というのが第一印象ですね。せっかく陰毛が描写されているのに、なんで剃っちゃうかなぁ……と何度歯ぎしりした事でしょう。

 これは小説でも同様です。文字情報のみの小説では、さすがに『見えない陰毛』は出てこず、女子高生くらいなら当然陰毛が生え揃っております。しかし多くの作品では剃毛プレイが行われ、剛毛好きをガッカリさせてきました。
 そもそも、剃毛によって人工的に作られたパイパンは、現実には漫画キャラのような綺麗なパイパンにはなりません。どうしても剃り跡が残ってしまうし、肌の質感もちょっと違ってしまうのです。幼女の天然のパイパンとは全く異なる、まさにニセモノ。醜い事この上ないと思います。
 そりゃ、普通にパンツからはみ出す部分を手入れするのは構いませんが、不自然に陰毛を切り揃えたり、ましてツルツルのパイパンにしたりするなんて、何が良いのか理解不能ですね。

 もっとも、最近はエロ漫画でも陰毛描写が増えていて、バリバリのアニメタッチの絵柄や少女漫画風のキャラで、しっかりと毛が生え揃っている事も珍しくありません。同人などのデジタル作品でも、差分として陰毛描写を選択できるようになってたりして、剛毛好きとしてもかなり満足のいく作品が増えてきました。これは実にいい傾向でしょう。
 対して不穏な空気なのが実写作品です。ヌードグラビアやアダルトビデオでは最近、どうもパイパンがもてはやされるようになってきた気がします。気のせいなら良いのですけど……。特に酷いのが、顔立ちの幼い女優さんを使った作品で、たいていの場合剃毛してパイパンになっています。大人っぽい女優さんですら、パイパンを謳い文句にした作品があるくらいです。

 そういうのを見ていると、「まるで分かってない!」と思わず叫びたくなってしまいますね。いくら子供っぽく見えるからと言って、大人の女性ではどうひっくり返ったところで本物の子供には見えないわけです。だったら無理して剃毛して不自然なパイパンにするより、自然な陰毛を見せてくれた方がよっぽど良いと思います。むしろ中高生の女の子なんてあまり陰毛の手入れをしませんから、下手したら大人よりも毛深いかもしれないのです。顔立ちが子供っぽい女優さんほど、股間は手入れせずに生えるがままにした方がリアルで興奮できるはずなのです。
 とても生えているとは思えない子供っぽい女の子の股間が結構毛深かったり、清純そうなあどけない子の股に黒々とした縮れ毛が密生していたりする、このギャップにこそ陰毛の神髄があると思います。個人的には、年齢相応の生え具合プラスちょっと濃い目が好みですね。小学校中学年くらいで生え始めて、高学年ではしっかりと生え揃い、中学生なら大人と同じくらいの剛毛、高校生だとお尻の穴の周りまでびっしり――。なんてのが理想的です。
 欧米などではパイパンが常識、手入れしていない陰毛なんて恥ずかしい……みたいな風潮があるようで、日本もこれに毒されてきたのかなぁという印象です。不自然にカットされた陰毛なんて見苦しいだけです。自然に生えるがままが最も美しい。

 同様に私がこだわりたいと思っているのが、少女のムダ毛ですね。解剖授業の話でも触れられましたが、少女のスネ毛や腕毛といったムダ毛は、大人の女性には無い神秘的な魅力に溢れていると思うのです。ジュニアアイドルの水着写真なんかで、濡れた足にスネ毛が写り込んだりしていると嬉しくなってきます。
 遠目に見ればツルツルの綺麗な足なのに、近づいてみると産毛のようなスネ毛がびっしり生えているというこの異様なギャップ。これは大人の女性では決して再現できない、子供特有のムダ毛であります。大人だと処理してないスネ毛は汚らしいだけですからねぇ。きちんと処理した後に、微かに生えかけてきたスネ毛くらいなら、大人のスネ毛でも萌えますけど。
 幼女って案外、口髭みたいな産毛の生えてる子とかいるんですよ。私の中学時代の同級生にも、ユキちゃんという学年でも五本の指に入るくらいの美少女がいたのですが、口髭みたいな産毛が濃くて、よく男子の間では噂になっていました。中学生だとまだムダ毛の処理は(少なくとも当時は)してなかったでしょうからねぇ。あの時は別に何とも思ってませんでしたけど、今考えると「他の場所も毛深かったのかなぁ」と色々妄想してしまいます。せめてスネ毛の濃さくらいはしっかり観察しておけば良かったです。同級生のスネ毛に興奮する中学生ってのもアレですが。

 というわけで『男子女子戦争』では、陰毛とかスネ毛とかの描写は、パンツの汚れ描写と並んでこだわりポイントにしていきたい……という話でした。少女ヒロインだとどうしてもその辺の描写はスルーされる傾向にありますからね。少女は清らかな存在であってほしいという考えでしょうか。清らかな存在に見える少女だからこそ、ムダ毛が生えてきたりパンツに汚いシミが付いてたりする事に興奮できると思うのですが、どうもこういう考えはマイノリティのようです。
 まぁ「自分が読みたいのに他の人が書いてくれない」ものを書くというのが本作の原則ですので、その辺ちょっと引くという人は、エグい描写の所だけ見なかった事にしていただくよう、お願いします。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。